未成年者に対する売掛は有効か?追認権(ホスト向け)

内のグループでは20歳未満は出入り禁止ですが、他のグループでは18歳以上から入れるところがあります。その場合では18歳や19歳(制限行為能力者)のお客様が売掛した場合にはその両親(法廷代理人)が、その売掛を取り消し(チャラ)にすることができます。またはその未成年のお客様が20歳以上になったときに自分自身で取り消し(チャラ)にすることができます。

ただし、そのお客様が20歳になる前に、両親から下記のような文言の入った追認する一筆を取っていれば、その客が20歳以上になっても自ら取り消しができません。

客が20歳未満であり、両親が書くことが前提です。

「ホストクラブ〇〇〇にて売掛〇〇〇万円がる事実を認め追認します。しかし私の払うべき内容ではないために支払いをする意思は一切ありません。」

両親が追認してくれれば、客が20歳になってもその未成年時代の借金を取り消すことはできなくなります。

もちろん両親はもともと関係ないので支払わくてよい書面にもなります。

両親を安心させて、追認させましょう。

①店の名前とできれば( )で住所も記入

②残の売掛額

追認すること(ここが大切です!)

④日付 (2018年または平成30年等も入れる。)

⑤両親の名前と住所

 

もっとシンプルな別の方法?

未成年でも両親が全額を支払いしてくれるならば全額もらいましょう。

追認でなくとも両親が借用書を書いてくれるならば、書いてもらいましょう。以降、両親への請求に切り替わります。