弁護士と司法書士はどちらがよいかについて(一般向け)

140万円以下の裁判が簡易裁判所です。

140万円を超える裁判は地方裁判所です。

弁護士と司法書士の違いは司法書士の訴額は140万円以下であり、弁護士のほうが民事事件だけではなく刑事事件まで対応可能であり、民事訴訟でも弁護士は140万円以上の訴訟も可能であるために、弁護士のほうが優秀だと考える人がいますが、実際はその人次第です。

それ専門で長期でしていればしている程、優秀です。

一般的に司法書士は登記や供託業務がメインと思われている方もいますが、ほとんどの司法書士は法務大臣の認定を受けて、簡易訴訟代理等関係業務を行うことができます。簡易裁判所で代理人になれます。(認定司法書士)

ちなみに140万円以上の訴訟提起であっても書類作成だけであれば司法書士でも充分に対応できます。東京地裁での140万円越えの訴訟関係書類作成だけをしている法務部所属の司法書士を何人も知っています。またその司法書士が株式会社の代表取締役をされている場合には、訴額に関係なく当事者として140万を超えても訴訟が可能です。リーガル(法律)までわかり経営までわかると普通の新人弁護士よりは上であるといえます。ただし最終的には弁護士のほうが法律の範囲が広いために時間の経過と共に経験値は高くなりますので、法律の総合度合いと応用可能性を見ると弁護士のほうが上に行きやすい傾向はあります。ですが、最終的には何を専門としておりどのような経験があるかで判断されるのが一番と思います。

ある貿易会社の法務部は一般人だけの構成でしたが、普通の弁護士よりも卓越していました。

司法書士でも弁護士でもそれ専門でしているキャリアがあれば強いです。

ホスト業界という土俵に強い司法書士と、浮気等の不貞行為に強いという土俵の弁護士と、会社法に強いという土俵の会社経営者が普通に、どれかの土俵の裁判で争った場合において、もちろん証拠により大きく左右されることもありますが、証拠力もほぼ同等であった場合にはそれ専門の人が勝訴する確率が高いです。

私とよく敵対している客代理人になられる東京都立川市にある司法書士信〇法務事務所さんは優秀と思います。毎回裁判でもガンガンに私を責めてきます。

弁護士でもチームとしてそれぞれの専門弁護士が集まっているところがあれば、比較的に個人のところより事件の多さと情報共有から優秀な人が多いとも言えますが、逆に多忙であり、深くまで親身に寄り添ってくれない可能性もあります。後は総合法律事務所のスタイルと担当弁護士の考え方次第と思います。

ちなみに弁護士は専門外であっても法解釈が完全に伴っているので、どの分野(業種)でもすぐにそれに起因するリーガルリスクを調査したり覚えたりは早いために、顧問弁護士をリスペクトしながら教育または情報共有していくという考え方であれば、よきパートナー(顧問弁護士)にもなると思います。

以上参考までに。