債権の保全(ホスト向け)(弁護士向け)

売り掛けに保険を掛ける方法が裁判です。

保全とは良好な状態に保つこと。
(売り掛け債権を良好な状態に保つこと。)
判決取ると時効は10年になる。10年後に確認訴訟を起こせばまた10年。
借用書(準消費貸借契約)も時効10年であるが証拠力は判決がとても強い。

強制執行する財産なくとも回収時の話し合いにおいて有利になることは間違いないです。
判決あれば裁判後でも定期的に住民票の第三者請求(一般人からの請求)も100%できます。

売り掛け回収で相手が開き直っている場合には、正攻法として訴訟を提起しましょう。

弁護士の中には、「客も認めているし、裁判して判決とっても一緒だよ」という先生もいますが、実際は全く違います。売り掛けという債権が確実にあるというお墨付きを国が与えると考えてください。裁判をして勝訴判決を取り、国が認めた書類にしといてください。

また裁判を起こすと、開き直っている客も真剣にアクションを起こしてくる場合もあります。訴訟提起により訴状が客の自宅に届くと、「内容証明よりやばい」と客が感じて、きちんと向き合ってくれるケースもあります。

裁判せずに客が売り掛けを今現在、認めていたとしても半年後や1年後や2年後に、客が再び歌舞伎町を歩いておりホスト遊びをしていたときに、再度督促した場合において、客の都合が悪く(客の気分が悪く)なると、たいてい客は「時効だから払いません」や「弁護士に相談してみます」や「裁判してみないとわからない」や「無理矢理飲まされたから無効」などと開き直っています。

金がないときは、金がないことで開き直る。

金があるときは、売り掛けについて問題があると言い開き直る。

他は何かと理由をつけて開き直る。

「担当に彼女がいたからもう払わない」や「実家に行かれたからもう払わない」や「川上がきたからもう払わない」等、挙げたらきりがないです。

今後において、開き直ったり反論の余地を与えないために判決はきちんと取っておいてください。

【漢字余談】
「成功法」は回収が成功する方法。

「正攻法」は勝つための責め方という意味で、裁判して責めるための方法。

【余談】
下記も判決と同等
(判決を債務名義(さいむめいぎ)ともいう)
口頭弁論調書・和解調書・口頭弁論準備手続調書